忍者ブログ

鏡と光と闇の中で

素人Photographerが気になる風景を気になったがままに切り取った自己満足の写真公開ブログです

LensBaby コンポーザープロ


コンポーザープロのダブルグラスに
オプティックキット、0.6Xワイドコンバーター、1.6Xテレコンバーター
マクロキット、Creative Aperture Kit2、キャリアバッグをセットにした
クリエイティブシステムキット

そもそもレンズベビーって?
聞き慣れないレンズメーカーですね
通常の撮影に使うようなレンズではなく
ズバリ!おもちゃです

コンポーザープロのダブルグラスは焦点距離50mm
マニュアルフォーカスのみ
絞りはマグネットプレートで変更可能

レンズの特徴としては
ピントを合わせたスイートスポット以外の部分を流して撮影することが可能です

↑通常の撮影だとこんな感じ
それでもセンター以外の部分は、かなり流れてますね


↑写真右側をスイートスポットにしてるので
左側が大きく流れてます


↑写真左側をスイートスポットにしてるので
反対の右側が流れてます

レンズ本体の前側部分が可動式になっているので
この部分を動かす事によって
流す方向も流す量も自由自在です

絞りプレートをハート型に変えたりすると

 
こんな感じの可愛い写真になります
その他にも色々な形のプレートがありますが
実際に出番が増えそうなのはハートと星くらいでしょうか

ここまで見ればなんとなく分かると思いますが
完全にお遊び用のおもちゃレンズです
ぶっちゃけPhotoshopが使いこなせる方であれば
もっともっと綺麗な加工写真が作れますよね

それでも俺はこのキットを買いました
『趣味なら本気で』たしかEOS 60Dのキャッチコピーだったはずですが
そう!俺の趣味は一眼レフで写真撮影なんです
画像加工が趣味じゃないんですよね
仕事じゃない以上は趣味の遊びなんです
遊びも本気ですw
宙玉レンズもそうですよね
今時はスマホのアプリでもありますよね
あれも元画像が綺麗だから、宙玉加工した画像もめっちゃ綺麗なんです
でもそれじゃあダメなんです
だって写真が趣味なんやもん


当ブログにアップロードした写真に写っている人物には必ず掲載許可を取ってあります。
また記事を含め全ての写真の著作権は管理人であるカッキーに属しております。

管理人への依頼はコチラ
クレジットの記載が無い写真をご希望の方も↑からお願いします
写真はメールもしくはLINEで送信します

『PHOTOHITO』やってます↓
http://photohito.com/user/photo/68958/

PR

Canon スピードライト 430EXⅡ



バウンス角度は左180°、右90
もちろん上下も可動

ワイヤレススレーブ機能も搭載しているので
マスター側を設定すればワイヤレスで多灯ストロボも可能
ちなみに70Dの場合、標準のポップアップストロボが
マスター機能を搭載しているので
そのまま多灯撮影が可能になります

ワイヤレス使用時に便利な脚も付属しています
このスタンドの底面には三脚固定用のネジ穴も切ってあるので
そのまま三脚に固定することも可能です

スタンドやカメラ本体に取り付ける際は
ロックレバーが付いているので
ガッチリと固定されるので安心です

↑内蔵ポップアップストロボのみ


↑430EXⅡ(正面)のみ


↑430EXⅡ天井バウンスのみ


↑マスター:内蔵ポップアップストロボ(正面)
スレーブ:430EXⅡ(左側)


↑マスター:内蔵ポップアップストロボ(正面)
スレーブ:430EXⅡ(左側天井バウンス)

今回はブツ撮りで近接撮影でしたが
仕上がりは好みで分かれそうです
個人的には3枚目の天井バウンスが好きです

撮るものによって一番綺麗に撮れるライティングを変えなきゃなりませんね
今回の試し撮りでは詳細なカスタム設定は一切行わず
カメラとストロボ任せにしても、これだけ違うのには驚きました

夜景と人物でもスローシンクロで綺麗に撮れるし
室内でも活躍してくれること間違いなし
ただそこそこ大きいので
カメラに装着すると重心がかなり上に来るようになって
結構重いです


当ブログにアップロードした写真に写っている人物には必ず掲載許可を取ってあります。
また記事を含め全ての写真の著作権は管理人であるカッキーに属しております。

管理人への依頼はコチラ
クレジットの記載が無い写真をご希望の方も↑からお願いします
写真はメールもしくはLINEで送信します

『PHOTOHITO』やってます↓
http://photohito.com/user/photo/68958/


Velbon Geo Carmagne E645M & QHD-73Q

※ベルボン ジオカルマーニュE645M(A)※

写真は標準雲台装着状態の借り物画像です


【デザイン】
SLIK辺りの同等品よりも重厚感があって、
個人的には非常に好みです

【携帯性】
このサイズで重量も2kgで、
縮長も600mm以下まで縮めることが出来るので、
ちょっとした持ち出しもとても楽です
標準でバッグも付属しているので便利です
ただこのバッグは標準雲台のティルトハンドルを外さないと使えません
自由雲台であればそのまま収納可能です

【操作性】
レバーロック式の脚は簡単な操作で
スピーディーにセッティング出来る点もイイです

【安定性】
カーボンファイバー製の脚を使用しているので
とても軽いのですが、安定性も悪くありません
標準でストーンバッグも付属していますし、
エンドフックも付いているので、
万が一、強風で不安定であっても問題無さそうです

※ベルボン 自由雲台QHD-73Q※

【安定性】
TAMRONのSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDを装着して
テレ端にしても全くブレることはありません
ボール部が大きくしっかりしているので
ストッパーを軽く捻るだけでガッチガチに固定されます

【操作性】
2WAYの水準器が装備されているので
きっちりと水平が出したい場合も安心です
クイックシューもワンタッチで脱着が可能なので
カメラを三脚に装着したまま移動なんて危険なことをしなくて済みます

最終的に組み合わせると

こうなります
4段の脚を伸ばして一眼レフを装着すると
ファインダーの位置が身長160cmの私の視線よりも若干上にきます
エレベーターを使用してMAX状態にすれば
ファインダー位置は180cmを超えます


当ブログにアップロードした写真に写っている人物には必ず掲載許可を取ってあります。
また記事を含め全ての写真の著作権は管理人であるカッキーに属しております。

管理人への依頼はコチラ
クレジットの記載が無い写真をご希望の方も↑からお願いします
写真はメールもしくはLINEで送信します

『PHOTOHITO』やってます↓
http://photohito.com/user/photo/68958/