忍者ブログ

鏡と光と闇の中で

素人Photographerが気になる風景を気になったがままに切り取った自己満足の写真公開ブログです

最高のお出掛けカメラ@EOS Kiss M

評判の悪かったCanonのミラーレスにKissが追加され
嫁機のKiss x6iを買い換えるべく
Canonのショールームまで行って
18-150レンズを装着させてもらって
いじって来たわけですが
結果的には予想以上のスペックでレンズも申し分なし
対応してくれたお姉さんも綺麗やったし♡

重量は本体が351g、レンズが300g
総重量が700g未満という驚異の軽さ
レンズは高倍率ズームなので標準レンズと比べれば重量は増しますが
他メーカーの同等レンズと比べたら、かなりの軽さ

レンズはEF-M18-150 IS STM
高倍率なのでワイド端の歪曲は否めないものの
解像度も高く、描写はかなり優秀
STMなのでAFも静か、と言うか無音です
合焦スピードも速いです

1点AFはファインダーを覗きながら液晶画面をタッチ
これが意外とネックになる操作なんですが
この点も賢いKiss Mはタッチ&ドラッグを採用しているので
かなーり簡単にやりやすくなってます
更に液晶画面の反応エリアも任意で変更出来るので
ファインダーを覗いてる時に鼻が当たって不意の誤作動も防げます
何もかもが賢いぞ!

Kiss x6iでのネックであった高感度耐性
これも優秀です
通常のスナップであればISO6400までは十分に通用します
作品としてもブログアップ程度であれば問題ないです
ちなみに私の70DはISO6400まで上がってしまうと
ブログアップも耐えられないレベルでザラつきます

そして水準器も装備
もちろん液晶画面もファインダーも表示されます

水平方向はもちろんのこと
あおり方向にも対応しています

本当に何もかもが優秀です
これがエントリーモデルのミラーレス!?っていうレベルです
日進月歩で進化しているとは言え
この進化は凄いですね
操作性はエントリーモデルで1ダイヤルなので
ちょっと不便ですが
マニュアル撮影しない人には関係ないし
マニュアル撮影の時も普通に液晶タッチで操作出来るので問題ないですね

そしてCanonのKissと言えば
やはりバリアングルモニター!
この便利さは使ったことがあれば分かりますよね
一度手にしたら、バリアングル無しは考えられないくらい超便利

私が購入した時点ではキャッシュバックキャンペーンをやっていたので
10,000円のバックあり!
そしてx6iは先日ドナドナされ22,000円
実質の出費は、かなり抑えられたので
タイミングも今しかない!って感じの買い物でした


当ブログにアップロードした写真に写っている人物には必ず掲載許可を取ってあります。
また記事を含め全ての写真の著作権は管理人であるカッキーに属しております。

管理人への依頼はコチラ
クレジットの記載が無い写真をご希望の方も↑からお願いします
写真はメールもしくはLINEで送信します

『PHOTOHITO』やってます↓
http://photohito.com/user/photo/68958/

PR